2012年4月アーカイブ

自民党女性議員局勉強会

自民党女性議員による勉強会が小川久仁子議員主催で開催されました。

午前は、㈱農林中金総合研究所 代表取締役専務 岡山信夫氏による「TPPを考える」
午後は、早稲田大学公共経営大学院 教授 塚本壽雄氏による「政策評価」
についてでした。


P1010464-800.jpg P1010467-800.jpg
(㈱農林中金総合研究所岡山氏と)     (塚本氏の講習会中)

隊友会南支部総会

自衛隊退職者や予備自衛官補で採用された方が入会されている隊友会南支部の
総会が開催されました。隊友会は国民と自衛隊との懸け橋の役割も大きいですが、
隊友会の平均年齢も65歳となり、今後の会の新たな有り方も模索されています。

昨年は東日本大震災でもボランティア活動をされました。
自衛隊の経験は大変大きく、ボランティア活動は主に泥の掻き出しだったそうですが
地域の方々から大変感謝されたそうです。

1335274540103.jpg

先日の北朝鮮のミサイル発射など国の安全保障・防衛について県民の皆さんの
関心も大変高まっています。
隊友会の活動を通し、是非県民へ理解を深める活動を行って頂きたいと考えます。

三井杉田台自治会館完成披露式

三井杉田台自治会館の完成披露式が春の清々しい空の下
開催されました。
神奈川県産木材を90%使用した会館は木の香り漂う、暖かく
どこか懐かしく感じる会館です。
屋根には風見鶏も飾られ、これを見ると自分の町に帰ってきたと
ほっとする思いを抱くのではないでしょうか。

DSC_0098.JPG DSC_0104.JPG
(引地自治会会長のご挨拶)  (会館の外観)
会館が三井杉田台の地域の、そして地域の皆さんの心の
ランドマークとなるのではないでしょうか。
1334977307218.jpg
(エレベータもあり、高齢者にも優しい会館です)

知的障がい者 就労支援

川崎市高津区にある、日本理化学工業㈱に視察に行きました。
この会社は全従業員74名の内55名が知的障がい者であり、
会社の商品である炭酸カルシウム製チョークは国内シェア
30%以上を占めています。

DSC01505.JPG DSC01507.JPG
(お忙しい中、大山会長よりお話を頂きました。)

会社内で働く障がい者の方々の夢中で、誇らしげに一生懸命働く姿が印象的でした。
皆さん働くことで周囲の役に立ち周囲に必要とされていることに喜びを感じています。
また、働くことはリハビリ機能もあり、最初は周囲の人とコミュニケーションを取るのが
苦手だった方も仕事を通じ、コミュニケーションを取れるようになったとのことです。

数字を理解出来ない、字を読めない方でも道具の工夫によって
自分達だけで作業をすることが出来ます。

DSC01516.JPG  DSC01515.JPG
(赤いバケツの原料は右側の計量器で量るとき時、
赤い重りを使い、青い原料は青い重りを使います。)

障がい者の自立支援のためには働く場が必要ですが、受け入れる企業が少ないのが現状です。
中小企業が障がい者の方々をもっと受入れられるような制度が必要と考えます。

DSC01510.JPG DSC01512.JPG
(皆さんヤリガイを感じ働いています。)

台湾新北市議会訪問団 歓迎会

台湾新北市議会と神奈川県議会は2008年から姉妹関係を結んでいます。
新北市議会の訪日は今回が初めてで、陳幸進議長ら9名の議員や議会関係者などが
9日に神奈川県議会や黒岩知事を表敬訪問されました。

夕方には歓迎会も開催され、神奈川県日華親善議員連盟の一員として
私も歓迎会に出席しました。

DSC01503.JPG
(新北市議会 陳幸進議長)

何度『乾杯(カンペイ)』したことか・・・・。

お花見日和

9時から洋光台で106回磯子区少年野球学童部野球大会の開会式がありました。
21チームが参加する大きな大会です。
女子選手も増えており、少年野球は男の子も女の子も、また学年に関係なく
皆が一緒になって出来るスポーツではないでしょうか?
DSC01490-1.JPG DSC01496.JPG


DSC01498.JPG

始球式を行うため練習を30分しました。
明日筋肉痛になりそうです・・・。

その後、お花見日和だったので、あちこちのお花見にお邪魔しました。
先ずは、八幡橋の動物検疫所で開催の「堀割川の日」のお花見。
土木遺産にも選ばれた堀割川です。動物検疫所だけではなく、
川沿いに桜並木を作り、磯子の新しい名所にしたいです。

DSC01500.JPG  DSC01501.JPG
(お天気にも恵まれ、「堀割川の日」には沢山の人で賑わっていました。)

丸山第一町内会→中原熊野神社→森浅間神社のお花見に。
今日は風も無く、暖かな一日で、どこの桜も満開でした。
でも、「花より団子」。食べるのに夢中で桜の写真を撮り忘れました・・・。

東町お花見

色々な企画を催す東町のお花見にお邪魔しました。
開催が夕方と言うことで、会館の中でのお花見です。

1333871858135.jpg
(生バンドで合唱を)

湘南ゴールド

横浜高島屋で湘南ゴールドフェアをやっていました。
DSC_0079.JPG

福島県広野町視察-その2


広野町視察2日目。
広野町は童謡「汽車」でも謡われている長閑な町。
一昨年私も訪れました。

DSC01470.JPG  DSC01467.JPG
(2年ぶりの「汽車」は震災の被害を受けていませんでした。)

その広野町は福島第一原子力発電所の30キロ圏内にあり、原発事故により
旧緊急時避難準備区域となり住民が避難していましたが、昨年9月に
緊急時避難準備区域が解除され、先月3月には移転していた役場機能も
再開しました。

DSC01460.JPG  DSC01463.JPG
(Jヴィレッジから先は警戒区域)  (Jヴィレッジの駐車場。)

岡村地区と広野町は以前から交流があり、震災直後から岡村地区では
義援金を募ったりと支援を行っています。
今回も地元の岡村小学校の児童が梅まつりや自治会まつりで梅ジュースを
販売した販売益を見舞金として贈呈しました。

DSC01474.JPG
(岡村小学校のPTA会長から町長へ見舞金を贈呈)

広野町は、町内の学校の地域を国の放射能除染に係るモデル事業実施対象地区に
指定し、校庭の表土を削ったり、草木を刈ったり、校舎の洗浄などして
除染作業を行っており、平成24年度の2学期からの授業再開を目指しています。
その甲斐あって、校庭の線量計も0.139uSv/hでした。
DSC01478.JPG DSC01487.JPG
(校庭も樹木を剪定したり、表土を5センチ削り除染を行いました。)

DSC01482.JPG DSC01488.JPG
(校内も除染作業を行っていました。校庭の線量計は0.139uSv/h)

福島県広野町視察-その1

ドイツから戻り、一旦自宅へ荷物を置いてからそのまま福島県広野町へ。
岡村地区の社会福祉協議会と連合町内会が合同研修旅行で
広野町へ行っているので後から合流しました。
日中、皆さんは海岸線の災害の現状を視察していました。

夜、震度5弱の地震があり寝入っていた私は飛び起きました。
まだまだ余震が続き、地元の方々は気が休まらないようです。